このブログを検索

カスタム検索

2017/06/21

スイス おトクに楽しむ街歩き


次回のヨーロッパ旅行の候補地の一つ、スイスを勉強しています。



うすくて読みやすそうだったのでこの本を読み始めました。


スイス おトクに楽しむ街歩き (地球の歩き方GEM STONE)


取り立てて良いガイドブックでもないですが、軽く読めます。


スイスの世界遺産は文化遺産が9件、自然遺産が3件の全12件です。

参考:スイスの世界遺産

ザンクト・ガレン修道院 - (1983年)、ミュスタイアのベネディクト会聖ヨハネ修道院 - (1983年)、ベルン旧市街 - (1983年)、ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群 - (2000年)、ラヴォーのブドウ段々畑 - (2007年)、レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観 - (2008年)、ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画 - (2009年)、アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群 - (2011年)、ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献- -(2016年)、
ユングフラウ、アレッチ、ビーチホルン地域 - (2001年、2007年拡大)、サン・ジョルジョ山 - (2003年)、スイスの活発な地殻変動地域サルドナ - (2008年)

歴史ある町並みを散策したり、氷河に代表されるアルプスの壮大なパノラマを楽しむ感じですね。

街歩きは、ジュネーヴ、ベルン、バーゼル、チューリッヒ、ザンクト・ガレン、シュタイン・アム・ライン、シャフハウゼン、ルツェルン、ローザンヌ、ヴヴェイなど。

アルプスのパノラマは、ツェルマット、インターラーケン、サン・モリッツなど。

あと、レーティッシュ鉄道にも乗らないと。写真撮影するならパノラマ列車より窓が開く普通列車がいいみたいです。途中下車して列車と周辺の景観も撮りたいです。モルテラッチ駅から氷河までのハイキングは簡単に行けそう。

ホテルは、宿泊料金がめちゃめちゃ高いです。ホステルで通すしかないですね。それでも1泊4000円以上掛かります。スイス旅行は物価との戦いです。

食事は、更にべらぼうに高いようです。ドナーケバブとデリで頑張るしかないです。そうはいっても一度はチーズフォンデュを食べたいです。一人でも食べられるのか。

鉄道のパスには、スイストラベルパスってのがあります。パスで鉄道乗りまくりの旅もいいかなとも思いつきましたが、指定料金はパスとは別途なので費用がかかりますね。パスのコスパについてはこれから調査しないと。

イン・アウトは、空路ではなく陸路でフランスとイタリア経由を選びたい。スイスと一緒に周遊したいですから。フランスからはバーゼルかジュネーヴ経由。イタリアはティラーノ経由。

行く時期は、夏一択で7月か8月。冬だけでなく春や秋も寒そうなのでなし。

お土産は、チョコとチーズを選びたいけど、スイスが最後の訪問国じゃないだろうから。やっぱり買えないと思います。

持ち物の準備も進めないと。薄手のダウンは今年買ったものでOK。忘れちゃいけないのがトレッキングシューズ。

スイスは日帰りで一度ドイツから行ったことがありますが、ほぼほぼ初訪問なので、色々妄想を膨らませています。

因みに今日の一枚は、スイスのクロイツリンゲン駅です。ドイツとくらべ物価が高かったので、この時は水も買いませんでした(笑)



掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿