このブログを検索

カスタム検索

2012/06/26

ANAバンコク-羽田ビジネスクラス搭乗記

バンコクから沖縄旅行へ向かう際に羽田までビジネスクラスに搭乗。

ビジネスクラスにアップグレードしたかったので今回はANAに搭乗することにしました。もちろんマイルではなくアップグレードポイントでのアップグレードです。

チケットは安いバンコク発券にしました。ANAのサイトでバンコク-羽田-那覇の往復を購入。購入クラスはH、40,575バーツ(104,341円)。国内の乗り継ぎ割引があったので沖縄にも遊びに行くことにしました。

往きも帰りも空席待ちなしでビジネスへアップグレードできました。本当に簡単な操作です。

機材はB767、ビジネスクラスのシート配列は2-1-2
IMG_0746
シートのリクライニング操作は電動。残念ながらリクライニングはフラットまでは倒れません。

シートTVも残念
IMG_0747
TVがシートにしまってあるので搭乗してすぐに映画はみられません。ここは改善してほしいですね。しかも画面も大して大きくないです。

搭乗後のシャンパンなどの飲み物サービスなし。ANAのサービスは相変わらずケチ臭いです。チケットも安くないし新聞等で報道されているように高コスト体質は本当のようです。TG,SQ,CAなどに比べるとサービスの高級感で劣るようです。

離陸後に頂いたシャンパンは「ジャカール ブリュット 2005
力強い泡と柑橘系のアロマ、程よい酸味が上品な味わいです。

食事は到着前に朝食がでます。
IMG_0748
和食を選択。

白身魚の生姜醤油風味
五穀米 とろろ添え、味噌汁
季節のフルーツ(ドラゴンフルーツ、パパイヤ、スイカ、キーウィなど)

和食ですから不味い訳はありませんが、ビジネスクラスとしては??の味かな。何かちょっと残念なんですよね。

和食の後はやっぱり日本茶
IMG_0750

機内上映では東野圭吾原作の「麒麟の翼」を見ました。TVシリーズ同様そこそこの出来でした。

良い天気でしたので到着前に富士山が見えました。
IMG_0751


悪くはないけどチケットの値段以上のサービスや驚きのないANAのフライトでした。コストパフォーマンスだけならTGやSQの方がいいですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿