このブログを検索

カスタム検索

2018/02/04

【ストックフォト】水中写真の新作を撮りに行こう


久しぶりにダイビング仲間の集まりに参加してきました。今年は6月に沖縄辺りでワイワイ潜りながら、水中写真の新作が撮れそうです。



最多で2000本以上、最少でも150本以上という、そこそこ経験があるダイバーの集まりです。自分は多分、下から二番目で300本ほどです。


タンクの本数もさることながら、潜ってるポイントも凄い方々。

ガラパゴス、モルディブ、グレートバリア、コモド、ラジャアンパット、パラオ、シパダン、ラパス、コスメルなどなど。世界中で潜ってます。


たまには皆で潜りたいということで、梅雨明け沖縄で潜ろうということになりました。

今年は久々に、水中写真の新作が撮れそうです。


ストック素材としての水中写真は、何というか完全に趣味の世界です。

誤解のないように。

売れるんですよ。売れるんです。

でも、費用がハンパなくかかるんです。

つまり、儲からない。どころではなく、金食い虫です。


まず、機材がとてつもなく高額です。

水中に持ち込むために必要な防水ケース。一眼レフ用だと軽く50万円超えたりします。カメラ本体やレンズより高額です。

D750用の水中機材は買えないので、水中撮影はいまだに旧式のPENでやってます。





掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿