このブログを検索

カスタム検索

2018/05/13

通貨選択型個人年金が満期になって


米ドル建ての個人年金が満期になって、一括受取をすることにしたのですが、その場合の税務処理について少し考察。



自分がやっていたのは米国の国債で運用するタイプの米ドル建ての個人年金です。

期間トータルの利回りでみたら、日経225にもS&P500にも負けていたので、少しショックです。やっぱり銀行経由で金融商品は買うものではないと改めて認識しました。



受取方法

一括受取、年金受取、継続、据置の4つのプランから選べます。

もっと利回りが良い他の商品で運用するため、一括受取を選びました。

受取通貨は米ドルを選択。



一括受取の税務

一括受取の場合、5年以上運用すると「円換算した差益に対し所得税(一時所得)+住民税」の対象になります。



ということで、一時所得がある場合の節税方法を勉強しないといけないです。





掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿