このブログを検索

カスタム検索

2016/04/24

D750の試撮りに行ってきました

買ったばかりのD750+タムロン24-70F2.8の試撮りに出かけてきました。



天気はあいにくの曇りでした。

作例を少しご紹介。

明るい風景写真


明るい光のある風景は今までのミラーレスと大差はないように見えます。ただ等倍に拡大表示すると、大分精緻な絵になってます。ミラーレスではほとんど気にしたことなかったのですが、広角では周辺光量落ちが顕著です。


手持ち夜景


今使っているミラーレスと比べて、かなりノイズが少ないです。シャッタースピード確保のためにISOを上げても、十分見れる絵が撮れそうです。


被写界深度の浅いクローズアップ


背景はミラーレスよりかなりボケます。ここで気が付いたのですが、AFモード変更の操作がよくわかりません。目にピントを合わせたかったのですが。ブラケットで撮っていると2枚目以降がピントが外れました。勉強せねば。


ピントが外れやすい葉っぱ


こういう絵って、ミラーレスだとピントが外れやすいのですが、ばっちり葉先にピントが来てます。花や葉っぱには、このAFはかなり使えそうな気がします。


明暗の差の大きいシーン


逆光など明暗が大きいと、いままではどうしてもフリンジが出てましたが、かなりフリンジも抑えられます。これはタムロンのレンズが優秀ということでしょうね。かなり現像作業の生産性向上が見込めます。


因みにすべてLightroomでRAW現像しております。

Shutterstockの審査では、ほとんどリサイズなしで通っていました。ストックフォトの生産性はかなり向上しそうです。


掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿