このブログを検索

カスタム検索

2015/11/21

アムステルダム中央駅と東京駅

ある本を読んでいたら、「東京駅はアムステルダム中央駅をモデルにして...」なんて記述があったので本当か調べてみました。





上の写真がアムステルダム中央駅。ピエール・カイペルスの設計で、この建築家はアムステルダム国立博物館も設計しています。

アムステルダム国立博物館

似てますね。実際に本物を見た時はこの類似性にまったく気が付かなかったです。


そしてこれが東京駅丸の内駅舎


辰野金吾の設計。似てないこともないと思いますが。これを撮影した時にはアムステルダム中央駅に似てるとは思わなかったです。

ウィキペディアによると

東京駅丸の内側駅舎はアムステルダム中央駅をモデルにしたとする俗説があるが、藤森照信らの西洋建築研究者により、設計者の系譜と建築様式(アムステルダム中央駅はネオゴシック様式であるが、東京駅はビクトリアン様式)の両面から現在ではほぼ否定されている

ただの俗説だったんですね。



掲載している写真はシャッターストックにて販売しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿