このブログを検索

カスタム検索

2015/07/25

地域危険度マップを調べてみたら

引越先の検討の一環で、東京23区の地震の地域危険度マップを調べてみたら…



こんなのありました。

地域危険度マップ

概ね西部より東部の方が危険なようです。

総合危険度の高い地域は、建物倒壊危険度、火災危険度ともに高かった荒川・隅田川沿いのいわゆる下町地域一帯に分布しています。具体的には、足立区南部から荒川区、台東区東部、葛飾区西部、墨田区、江東区北部、江戸川区北部に広がる地域で、また、品川区南西部や大田区に広がる地域でも危険度が高くなっています。

23区内では千代田区、中央区、港区、世田谷区、練馬区が比較的安全に見えますね。埋め立ての多い江東区も安全に見えるのがちょっと意外です。

この中で引越先として考えると、比較的家賃が安い練馬区が良さげです。



0 件のコメント:

コメントを投稿