このブログを検索

カスタム検索

2015/05/07

タオ島ダイビングの魅力とは?

先日行ったタオ島、ここのダイビングの魅力を簡単にご紹介。



まずは料金が安い!


Beach

これ非常に重要ですね。個人的な印象ですが世界一安くダイビングができるんじゃないかな。ボートダイブのタンク1本900バーツ~(約3300円)、1日2ボート4ダイブで約13200円程。これかなり安いですよね。現地人ガイドが付くことが多いフィリピンと違って、日本人ガイドが付いてこの値段ですからね。

しかもレンタル器材は無料。ビッグブルーもたおみせも常時無料ですよ。個人手配でも無料です。日本だと器材レンタルフィーが結構高額なケースが多いですよね。

島全体がバックパッカー御用達なので、安いホテルも安くて美味しいレストランも沢山あります。バンコクからの交通費もバス&フェリーで行けば片道約4000円。トータルの旅行費用も安いです。


初心者でも安心


Diving Boat

タオの海は基本あまり流れがありません。これ初心者にとってはすごくうれしいですね。透明度も良いのでロストするリスクも低いので初心者でも安心してダイビングが楽しめます。

しかもダイビングポイントが島回りに沢山あるのでアクセスが早いです。早いということは走っているボートに乗っている時間も短く、船酔いしやすい初心者でも大丈夫。まあ大抵の船には効き目の強力なタイの酔い止めの薬があるので、船に乗ってすぐ酔い止めを服用すればまず船酔いはないですよ。

船に必ずトイレが付いているってのもポイント高いです。


上級者も納得の魚影


School of Yellowstripe scad

コモド、モルディブ、シミラン、セブ、サイパン、沖縄とかいろんな所で潜ってきましたが、タオ島の魚影はかなり濃いと思います。特にチュンポンピナクルやセイルロックは世界有数の魚影の濃いダイビングポイントですね。上級者でも大満足のダイビングになると思います。

しかもダイバー憧れのジンベエザメの遭遇率もかなりのものです。自分はチュンポンピナクルで見ました。


皆さんも機会があればぜひ魅力満載のタオ島に行ってみてくださいね。



0 件のコメント:

コメントを投稿