このブログを検索

カスタム検索

2014/06/03

ANAマイルの効率的な使い方

ANAのマイルが貯まってきたのと期限が近づいてきたマイルがあるので、特典航空券で近々どっか行こうかと考えています。

TG Business Class
タイ国航空のビジネスクラス

ANAのマイル自体は4万マイル位しかないのだけれど、クレジットカードのポイントや楽天ポイントなどANAのマイルに交換できるポイントが結構あって、合計すると10万マイル位にはなりそうなのです。

前にもこのブログで書きましたが、どうせマイル使うならなら交換効率の良い遠距離ビジネスクラスの特典航空券かなと思ってます。遠距離ビジネスクラスの特典航空券だと、交換効率が1マイル=5~10円になるんですよね。これってアップグレード特典の5倍以上の効率で、マイラー的にはかなりお得なのでおススメです。

ルートはやっぱり単純往復ではなく周遊です。周遊の航空券って単純往復に比べて買うと割高なんですが、特典航空券は単純に距離だけで必要マイル数が決まるので、買うと割高の周遊ルートでも問題ないんです。

周遊ルートの距離的には14,000マイル以内がお得です。ANAのビジネス特典航空券で必要マイル数は85,000マイル(レギュラーシーズン)、スタアラのビジネス特典航空券で90,000マイルです。ANAだけだとルートにかなり制限ができますので、臨機応変にスタアラ各社を使うのが便利でお得でしょうね。

スタアラで乗って良かった、乗りたいビジネスクラスは以下になりますね。

シンガポール航空ANAオーストリア航空

残念ながら一番乗りたいシンガポール航空の遠距離ビジネスクラスANAマイルだと制限があって乗れないんですよね。ANAはスタッガードシートが良かったのと、高級感はないけど食事は口に合うんですよね。美味しい食事といえばオーストリア航空、最近シートも良くなっったので乗ってみたいですね。前回利用したタイ航空のビジネスはフルフラットのシートは良かったんですが、食事が美味しくなかったので当分パスかな。

こんな条件でルートを探しています。

今良さそうなルートは、バンコク-ウィーン-(陸路で旅行しながら)-ミュンヘン-東京-バンコク

これで全旅程の距離は丁度14,000マイル以内に収まります。出発地を東京に変えたり多少のアレンジはできますね。

バンコク-ウィーンはオーストリア航空、ミュンヘン-東京-バンコクはANA利用でしょうね。



0 件のコメント:

コメントを投稿