このブログを検索

カスタム検索

2014/03/04

中国に旅行したくない4つ理由

先週中国旅行から帰ってきた人間が言うのもなんですが、中国に旅行する気がなくなる昨今ですね。

世界遺産も多く訪問したいところは沢山あるのですが…

中国に旅行したくない理由

1.大気汚染
先週北京にいましたが、本当にここの大気汚染は酷いです。明日死ぬとかのレベルではないでしょうが、5年後、10年後に肺がんなどの発症率が普通の人の何十倍とかになっていそうで怖いです。

2.テロ
昨日、昆明でもありましたが、これだけテロが頻発する国には行きたくないですよね。中国共産党の弾圧的な政治はまだまだ続きそうなので、残念ながら多分テロの負の連鎖も続くことになりそうです。

3.民度が低い
これも共産党独裁の弊害だと思いますが、日本人から見ると中国の人民は民度がとてつもなく低いと感じます。勿論中国人の中にも親切な人はいるのですがごく少数派です。横入りは当たり前。釣銭は投げる。電車の中でもつばを吐く。バスの中でもタバコを吸う。あまり気持ち良く旅行はできないです。

4.交通機関
新幹線の脱線事故に見られるように、一般的に中国の交通機関の安全性は日本よりはるかに劣るようです。2011年には北京の地下鉄のエスカレーターの死亡事故もありました。ツアーではバスを使うことになりますが、安全基準などはないに等しいと思います。

同様のご意見をお持ちの方が多いようで、2013年の中国への旅行者数は激減したようです。面白いことに反対に中国からの旅行者数は増えてるんですよね。自国人でも逃げ出したくなる国なんでしょうね。

近々中国に行かれる方は、くれぐれもお気をつけください。



0 件のコメント:

コメントを投稿