このブログを検索

カスタム検索

2014/02/27

今年の読書2冊目は…

今年の読書1冊目は

今年の読書2冊目は


夢幻花(むげんばな) 東野 圭吾

さすが東野作品、読み出しから引き込まれます。

展開もスムーズで読みやすい。

結末がちょっと強引かなって気がしますが、十分面白かったです。

東野作品の中にあっては傑作とまではいかないレベルかと思います。

アサガオ育ててみたくなりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿