このブログを検索

カスタム検索

2013/12/24

イースタージェット航空 成田-仁川線 搭乗記

2013年12月搭乗

<チェックイン>
チェックインの手続きに時間がかかるので注意しましょう。コスト削減のためカウンターの数を増やせないのが原因でしょう。

イースタージェット航空のチェックインカウンター


チェックイン時に一応、席の希望は聞いてもらえるようです。通路側を希望しましたが、既に埋まっていて、真ん中の席になりました。それでも前方、後方の希望は聞いてくれました。なるべく早くチェックインすることをおススメします。

預かり手荷物は15kgまで無料、以降1kg超過毎に1000円。今回20kgをちょっと超えてましたが、何も言われませんでした。ラッキーでした。

LCCの割に、カウンターの対応は丁寧に感じました。


<機材>
ボーイング737-800 NG

B737の第3世代機であり安心できる。シート配列は3-3。LCCなので機内設備は必要最低限。シートピッチはそこそこ、リクライニングは浅く、ヘッドレストは可動しないタイプ。

シートTVは付いてないです。3時間弱のフライトなのでなんとか耐えられます。映画の機内上映などもありません。


<機内食>
水、オレンジジュースの無料サービスあり。

機内に食事の持ち込みOKです。コンビニでおにぎりなどを買っておくことをおススメします。機内食は有料サービスあり。カップ麺300円とビビンバ500円。

ビビンバ500円を食べてみました。

ビビンバ

市販のお湯で作るレトルトのビビンバ。まあまあ食べられます。500円はちょっと高いですね。


客層の大半は韓国の田舎の方のようでした。その行動様式は中国人観光客を思い起こさせるものがありました。着陸後すぐに席を立ったり、上の物入れを開けたりします。

多分韓国へ行ける最安のLCCでしょう。ジェジュ航空、プサンエアーよりも安いです。その割には機材もサービスも頑張っているように思います。機会があれば次回も利用します。





0 件のコメント:

コメントを投稿