このブログを検索

カスタム検索

2013/06/29

コンケーン ロマホテル宿泊記

コンケーンでロマホテルに3泊しました。

ビエンチャン ミーサイパラダイス宿泊記

ミーサイパラダイスに2泊しました。

確かトリップアドバイザーの評価もそこそこだったような。部屋はシングルエアコンなし、ダブルエアコンあり、ダブルデラックスの3タイプ。一番CPが良さそうに見えたダブルエアコンあり(100,000キップ)にしました。

ダブル エアコンありの部屋
Pixay Paradise
2階のFrancois Ngin Rd沿いの部屋でした。部屋は狭い。そこそこきれい。タオルは大分使い古されてました。

バスルーム
Pixay Paradise
トイレも掃除されてます。前回のラオス旅行で泊まったシリ2よりはるかにましです。

シャワー温水器
Pixay Paradise
普通。

ベランダ
Pixay Paradise
部屋の外がFrancois Ngin Rdに面してベランダのようになってます。

廊下
Pixay Paradise

CPが良いホテル。十分泊まれます。ホテルマネージメントがかなり融通が利かない印象。ドアにホテルの色々なルールがかいてある。人気がありそうなので早めに行って部屋を押さえたほうがよさそう。



ビエンチャン ラオシルクホテル宿泊記

今回のビエンチャンでの滞在は3泊。初日にラオシルクホテルに宿泊。安宿も多く集まるFrancois Ngin Rd.の真ん中。

Travelfishで星4つ半の評価だったので、ここを選びました。

予約なしでしたが、混んでる様子もなく問題なく泊まれました。部屋の種類はエアコンありなしの2タイプ(だったかと)。エアコンありを選びました。朝食なしで205,000キップ。

ダブル エアコン付きの部屋
Lao Silk Hotel
部屋は狭い、そこそこきれい。ダブルベッド。ミニ冷蔵庫付き。

エアコン
Lao Silk Hotel
窓の上にエアコンがあります。

バスルーム
Lao Silk Hotel
細長く、一番奥からトイレ、シャワー、洗面台となっています。築年数が浅いようで割りときれい。水はけがあまり良くない感じ。

TV
Lao Silk Hotel
部屋が狭いためか、TVはドアの上に設置されてます。

そんなに悪くないホテルですが、内容に比べ値段が高い。1泊だけで、ミーサイパラダイスに移りました。



2013/06/25

ホウオウボクの花

この時期、タイでよく見る真っ赤な花。駐在員時代からこの花の名前気になっていたのですが、先日ようやく名前が分かりました。

ホウオウボク
Peacock flower
この写真は先月ラオスに旅行したときのものです。

英語名はPeacock flower、和名はホウオウボク(鳳凰木)というそうです。なぜかタイの日本人界隈では火炎樹とよばれています。カエンボク(火炎木)という和名の木は別に存在していて、ホウオウボクに割りと似ています。



2013/06/17

オリンパス E-PM2はポートレートに最適

オリンパス E-PM2でポートレートを撮ってみました。

折角なのでかわいいモデルさんを手配。

Smart phone
今っぽく、スマホと。mZD45mmF1.8との組み合わせは、最強ポートレートですね。背景のボケはマイクロフォーサーズとは思えません。

Yukata girl
モデルさんのかわいい雰囲気がでてます。これD600じゃないです。E-PM2です。

Yukata girl
みずみずしい雰囲気、伝わりますかね。ピント精度も高く、ポートレートでは無敵ですね。ただ横顔だと顔検出・瞳検出が少し迷い始めますね。

Yukata girl
季節柄、浴衣でお願いしますた。ちょっと暑かったのでモデルさんも大変でした。どうもありがとうございました。

E-PM2と45mmF1.8の組み合わせでポートレートを撮りましたが、想像以上にいい画が撮れました。単純に撮れる画だけならOM-DやE-PL5をやや上回る印象です。AF速度も精度も十分です。




あまりにも写りがすごく、毛穴まで映りますので、出来るだけきれいなモデルさんを撮ることオススメします。(笑)



ノートブックの買い替え

パソコンを買い替えようかなと。

写真の編集処理を高速化して、編集作業の生産性を上げるのが目的。GIMPがサクサク動く環境にしたいです。

マルチモニターも生産性向上に役立ちそう。そうするとCPUもそこそこパワーのあるハイエンドなものがほしい。

出張も多いので、据え置き型ではなくやはりノートブックですかね。写真の編集用なので、画面は17インチ以上はほしい。

こんな条件で、コストパフォーマンスの良さそうなのを検索。

CPUはIntel Core i7-3630QM @ 2.40GHzが良さそう。第三世代のCore i7でパワーも十分。もちろん爆速を狙うなら第四世代だろうが、CPを考えると旧型の第三世代がお得。

PassMark


Intel Core i7-3630QM @ 2.40GHz搭載のアマゾンの最安値機種を探すと


東芝 dynabook Satellite T772/W4PH 東芝Webオリジナルモデル (Windows 8/Officeなし/17.3型/8GB×1メモリ/NVIDIA GeForce GT 630M/core i7/ダークシルバー) PT7724PHSNBW

8万円以下でこのスペックならCPも悪くはないですね。SSDのオプションもあってこちらは¥ 85,800。

富士通、ソニー、デル、マック、レノボ、エイサーを使ってきてますが、東芝機はお初。海外でのサポートがちょっと心配ですね。



2013/06/10

欲しくない4Kテレビ、8Kテレビ

全然欲しいと思えない4Kテレビ、8Kテレビ。

果たして売れるのか?

多分売れないでしょう。高性能なのは良いが、不必要な高性能なので、必要性から考えるCPが良いとは思えない。日本だけでなく世界的にも売れないでしょう。

家電メーカーのあせる気持ちも分かるが、経営的には商品化は延期したほうが良い気がする。これでまた傷口が広がりそうですね。

付加価値は大切だと思うが、不必要な高機能、高性能はCPを下げる原因にしからならず、結果その商品は売れない。ハイアールとかの中国の家電メーカーに負ける原因がここにある。



2013/06/05

コンケーン旅行記最終日 バンコクへ帰還

コンケーン旅行最終日、バンコクへ帰還です。

朝食
Breakfast
ホテルの向かいのレストランでイサーン定番のメニュー、カイガタ、カノムプン。

ナコンチャイエアー
Nakon Chai Air
ホテルをチェックアウト後、エアコンバスターミナルのナコンチャイエアーにバスチケットを買いに行くもファーストクラスどころかゴールドクラスも14時まで空席がないとのこと。しかたがないので14時を予約して、それまで市内観光することに。

前日に行ったワット・ノンワンへ再度写真撮影に向かう。

ワット・ノンワン
The most beautiful temple in Thailand

ブーゲンビリア
The most beautiful temple in Thailand
前日は違ったアングル、構図を狙いました。

スキ
Suki
お昼は帰りの途中のショッピングモールのフードコートでスキを頂きました。

コンケーンのエアコンバスターミナル
Bus terminal

ナコンチャイエアーの待合室
Nakon Chai Air
ちゃちいですが、ちょっと他社とは違う雰囲気はあります。

バスは満席でした。定刻少し前に出発しました。

マッサージのコントローラー
Controller
ナコンチャイエアーでは各座席にマッサージ機能が付いています。もみのパワーが弱すぎて良く分かりません。

車内食
Lunch box
食事休憩はなし、代わりに弁当が出てきます。この日のメニューはチキンのしょうが焼き、まあまあ。

バンコク到着は19時45分。6時間弱のバスの旅でした。

モーチットのナコンチャイエア専用バスターミナル
Bus terminal
到着はナコンチャイエアーのバスターミナル、モーチットマイのバスターミナルとは別の専用のターミナルです。

ここからタクシー(55バーツ程)でBTSの駅まで行き、BTSでアパートに帰還。



2013/06/04

コンケーン旅行記3日目 ワット・ノンワン

コンケーン旅行3日目は、市内観光です。

ホテルの前で朝食。
Breakfast
イサーンっぽく、カイガタ(目玉焼き)、カノムプンユアン(ホットサンド)、コーヒー

ソンテウ8番でバンケーンナコンへ、ロマホテルから9バーツ。

公園入口
Bueng Kaen Nakon


Bueng Kaen Nakon
さびれた雰囲気の公園

ワット・ノンワン
Wat Nong Wang
タイで一番美しいといわれているお寺。

お賽銭の壺
Wat Nong Wang
小銭をすべての壺に入れていくと幸せになれるようです。

ご本尊
Wat Nong Wang

この仏塔(チェディ)は9層まで登れます。

9層からの眺め
Bueng Kaen Nakon
バンケーンナコンも一望

コンケーン市街
Khon Kaen

ショッピングモール
Mall
途中にあったショッピングモールで一休み

遅めの昼食
Noodle and salad
センレックナーム、ソムタム

ソンテウでホテルまで帰還。

夕食を食べにソンテウでナイトマーケットへ。

海鮮&野菜炒め(80バーツ)、ココナッツシェーク(25バーツ)を頂きました。

帰りはソンテウが来なくて、歩いてホテルに帰還。



2013/06/03

コンケーン旅行記2日目 プーウィアン国立公園

コンケーン2日目はちょっと遠出して、プーウィアン国立公園に行ってきました。

ボーコーソ(バスターミナル)からバス(50B)で1時間半、プーウィアンのボーコーソに到着。

ここからはソンテウをチャーター(往復で350B)。

まずはプーウィアン恐竜博物館(60B)へ。

シャモティラヌス
Phu Wiang National Park
こんな怖い恐竜が展示してあります。こいつはティラノサウルスに似てますが別のアロサウルス科または、シンラプトル科に分類されてます。

プウィアンゴサウルス
Phu Wiang National Park
博物館外にも恐竜が展示されてます。

そんなに広くないので1時間もあれば見て回れます。

博物館前で昼食。カオパッドムー(35B)を頂きました。

昼食後、プーウィアン国立公園(200B)へ。

ビジターセンターには人がいなくて、ヘッドオフィスまで行って、トレイルの地図をもらいました。

トレイル
Phu Wiang National Park
サイトNo3まではめちゃきつい登りが続きます。

展望台からの景色
Phu Wiang National Park
何か怪しい空模様だと思ってたんですよね。

サイトNo1
Phu Wiang National Park
ここで豪雨とカミナリに遭遇。

豪雨
Phu Wiang National Park
三浦雄一郎さんのようにヘリコプターで下山したかったですが、手配できずにやむなく自力で下山しました。(笑)

ボーコーソ周辺はまだ雨が降り始めてなかったです。

17時発のコンケーン行きのバス(50B)に乗って戻りました。帰りはエアコンがめちゃ寒かったです。

一旦ホテルに戻り一休みしてから、夕食でナイトマーケットへ。サテームー(50B)、パットパット(70B)などを頂きました。ここは食べるところが沢山あっていいです。



2013/06/02

コンケーン旅行記初日

ビエンチャンを14時に出発してコンケーンには18時ごろ到着でした。

降車したのは終着のエアコンバスターミナル。ここから目星を付けていたロマホテルへ。歩きで5分ほど。

ファンルームが超絶激安の240バーツ。部屋はそれなり。詳しくはロマホテル宿泊記で。

夕食はホテル近くのセブンイレブン前の屋台街で。どこが繁華街が分かりませんでした。

チキンサテー
Chicken Satay
無難にチキンサテーとガッパオムーを頂きました。

デザート
Thai dessert
ココナッツミルクに寒天みたいなものが入ってるやつ。どこにでもあるのですが、名前は分かりません。


ラオス旅行記最終目 ラオス出国

ラオス旅行4日目は、ラオスを出国して、タイのコンケーンに向かいました。

色々考えて、タイに再入国後はコンケーンを観光することに。ここの恐竜の遺跡に惹かれました。

ホテルをチェックアウトして、国際バスに乗るためタラート・サオへ。10000キップで乗せてくれるトゥクトゥクは見つからず、のんびり歩きで行くことに。ビエンチャンのトゥクトゥクはぼったくりばっかです。

ワット・ミーサイ
Wat Mixay
ホテルの目の前の寺院。

ナンプー広場
Nampu

大統領宮殿
Presidential Palace
白い建物と青空がきれい。

タート・ダム
That Dam

ランサーン通り
Vientiane

歩きでも10分程でタラート・サオに着きます。14時発のコンケーン行きのバスチケット(50000キップ)を購入。土曜日だったためイミグレの残業代を別途5000キップ(たしか)。

多少キップがあまっていたので、タラート・サオ・モールのフードコートで昼食
Mushroom noodle soup
バンコクなら40バーツも出せば食べられそうな麺がここでは20000バーツ。バンコクと比べて物価は安くない。

バスはほぼ定刻に出発。タイ・ラオス友好橋でラオス出国、タイ入国手続き。ここ以外はノンストップ休憩なし、コンケーン到着もほぼ定刻。コンケーンにはバスターミナルが2ケ所。ローカルバス用とエアコンバス用です。ローカルバスターミナルを経由して、エアコンバスターミナルが終着です。泊まるホテルに近いバスターミナルで降りると良いでしょう。

この後はコンケーン旅行記に続く。