このブログを検索

カスタム検索

2012/10/10

フォトライブラリーの審査

フォトライブラリーの審査について、なんとなく気が付いたことです。

同時に審査に出した写真の結果が分かるタイミングが通過と落選で違っているので気になってましたが、どうも審査のプロセスが二段階以上あるようです。

想像するに1ステップ目はイメージの質のチェックのプロセス。現在は申請後1~3日後に実施されているようです。多分正社員もしくは経験のあるバイトにより実施しているみたい。

2ステップ目は審査というよりは登録プロセス。リサイズ処理、キーワードチェックなどの登録作業が行われているようです。手作業でのメール通知作業も含まれます。登録通知メールの発信元メールアドレスはひとつのようですが、2種類の若干内容の違うメールが存在してます。ですので現在このプロセスは(多分)バイト2名以上で実施されているように見えます。

2ステップ目では審査に落ちることはほぼ無いので、2~3日して掲載不可にならなければ審査は通過すると考えられます。


フォトライブラリーの審査に通りやすいイメージは、キャノン機で撮影すること(笑)これは冗談ですが、尾崎社長がキャノン機好きらしいことからネットでこんな話も出てます。

フォトライブラリーでは類似写真・バリーションは嫌われるようです。多分ここは会社規模もサーバー、ディスク容量も小さいようなのでイメージ枚数を急激に増やせないためだと思います。少ない枚数だけど種類豊富みたいなことを狙っていますね。申請登録に制限があることからもこのことがうかがえます。


公表されているわけではないのであくまで個人的な推測です。



0 件のコメント:

コメントを投稿