このブログを検索

カスタム検索

2012/06/13

やっぱり今はヨーロッパ旅行が狙い目!?

アメリカの人事コンサルティンング会社マーサーが毎年発表している調査で、「物価の高い都市」ランキングで東京が1年振りに1位に返り咲きました。

このランキングを見ていると昨今のユーロ安を反映してヨーロッパの各都市がランキングを大きく下げています。主なところではパリ、ローマ、ウィーンがミャンマーのヤンゴンより下にランキングされています。

ヤンゴン 70位 ⇒ 35位
パリ   27位 ⇒ 37位
ローマ  34位 ⇒ 42位
ウィーン 36位 ⇒ 48位

あくまで外国人駐在員向けの物価調査で旅行者向けのデータではないのですが、円高ユーロ安の状況でヨーロッパの物価は相対的に低くなっているようです。ユーロ安の今がヨーロッパ旅行のチャンスかも知れないですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿