このブログを検索

カスタム検索

2012/02/28

TGタイ国際航空エコノミークラス(バンコク-羽田)搭乗記

ベトナム世界遺産旅行からの帰りに利用。TGタイ国際航空のバンコク発羽田行のエコノミークラスはほぼ満席状態でした。


<機材>

ボーイングB777-300ER エコノミークラス

エコノミークラスは3-3-3のシート配列。往きに乗ったB777の新造機より若干古い機材のようでした。機内設備は充実、シートピッチは広く、リクライニングの座り心地もいいです。座席の横幅は往きの777の機材より狭く感じました。昨年に乗ったANAのB767新造機よりはるかにいい感じ、

座席左にはLEDの読書灯が付いています。

シートTVのリモコンが座席前に配置されれていて、使いやすいです。

パーソナルTVのスクリーンもすごく大きいです。

スクリーンはタッチパネルになっていて、リモコンなしでも操作できます。しかしタッチパネルの反応が良くなかったです。

最新鋭機は機内のエンターテイメントプログラム充実してました。映画は選びきれないほど沢山のタイトルがあります。

ヘッドフォンさえあれば離陸前から映画が観始められます。「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」と「ラブ・アゲイン」(日本語吹替)の2本を見ました。2本ともコメディでとても面白かったです。



ちなみに機内上映の映画は懐しの名作「グラディエーター」「アンタッチャブル」「ユージュアル・サスペクツ」などもありました。





このフライトには日本人(日本語のうまいタイ人?)のキャビンアテンダントがいました。


<機内食>

午後発のフライトのため離陸後は夕食が出ました。到着前には飲み物が配られました。

機内食の夕食

メインは中華風豚肉の角煮+ライス、中華風サラダ、パン+バター、ティラミス。豚の角煮はまあまあのお味。



機材設備も良好、シートは快適、機内食はそこそこのTGタイ国際航空エコノミークラスのフライトでした。

チケットが安ければ次回もTGを選びたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿