このブログを検索

カスタム検索

2012/02/28

TGタイ国際航空エコノミークラス(バンコク-羽田)搭乗記

ベトナム世界遺産旅行からの帰りに利用。TGタイ国際航空のバンコク発羽田行のエコノミークラスはほぼ満席状態でした。


<機材>

ボーイングB777-300ER エコノミークラス

エコノミークラスは3-3-3のシート配列。往きに乗ったB777の新造機より若干古い機材のようでした。機内設備は充実、シートピッチは広く、リクライニングの座り心地もいいです。座席の横幅は往きの777の機材より狭く感じました。昨年に乗ったANAのB767新造機よりはるかにいい感じ、

座席左にはLEDの読書灯が付いています。

シートTVのリモコンが座席前に配置されれていて、使いやすいです。

パーソナルTVのスクリーンもすごく大きいです。

スクリーンはタッチパネルになっていて、リモコンなしでも操作できます。しかしタッチパネルの反応が良くなかったです。

最新鋭機は機内のエンターテイメントプログラム充実してました。映画は選びきれないほど沢山のタイトルがあります。

ヘッドフォンさえあれば離陸前から映画が観始められます。「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」と「ラブ・アゲイン」(日本語吹替)の2本を見ました。2本ともコメディでとても面白かったです。



ちなみに機内上映の映画は懐しの名作「グラディエーター」「アンタッチャブル」「ユージュアル・サスペクツ」などもありました。





このフライトには日本人(日本語のうまいタイ人?)のキャビンアテンダントがいました。


<機内食>

午後発のフライトのため離陸後は夕食が出ました。到着前には飲み物が配られました。

機内食の夕食

メインは中華風豚肉の角煮+ライス、中華風サラダ、パン+バター、ティラミス。豚の角煮はまあまあのお味。



機材設備も良好、シートは快適、機内食はそこそこのTGタイ国際航空エコノミークラスのフライトでした。

チケットが安ければ次回もTGを選びたいですね。

スワンナプーム空港のTGロイヤルシルクラウンジ(コンコースC東)に行ってきました

バンコクから日本へ帰国の際に、タイのバンコク・スワンナプーム空港にあるTGタイ国際航空のビジネスクラス・ラウンジであるロイヤルシルクラウンジ(コンコースC)に行ってきました。

今回はスターアライアンス加盟のTG利用ですのでAMC(ANAマイレージクラブ)プラチナ事前サービスで、TGのビジネスクラス・ラウンジが利用できました。

スワンナプームにはTGのビジネスクラス・ラウンジが5ヶ所、コンコースCに2ケ所、Dに1ケ所,Eに2ケ所あります。

今回はコンコースC東のロイヤルシルク・ラウンジにお邪魔しました。


コンコースCのロイヤルシルク・ラウンジはコンコースDの左右にあるのですが、左のラウンジ(西)はクローズしていて、向かいの右側のラウンジ(東)のみオープン。

前回利用したコンコースDのロイヤルシルク・ラウンジより遥かに小さく、1/4程度の広さです。というかコンコースDのロイヤルシルク・ラウンジがでかすぎなんですけどね。


フライトスケジュールの狭間だったようで、自分以外に4人程しか利用者がいなかったです。空いていると静かでゆっくりできて良いです。


当然ですが食事、飲み物は前回利用したコンコースDのロイヤルシルク・ラウンジとほとんど一緒。食事はフライドライス、サンドイッチ、フルーツ、各種ケーキなど。飲み物はビール各種、アルコール各種、ソフトドリンク、ジュース、コーヒー・紅茶など。


当然、WIFI使えます。

時間がなくて使えなかったですが、ここのシャワールームは相当きれいです。コンコースDのロイヤルシルク・ラウンジはシャワールームがないので、シャワー浴びたい人はここに来ると良いです。

トイレもきれいだったので思わず撮りました。



航空会社所有のビジネスクラス・ラウンジということで期待してお邪魔しましたが、プライオリティパスでいつも使ってるルイスタバーンCIPラウンジと同等のサービスですね。ちょっとがっかり。どちらもマッサージチェアがあれば云うことなしですが。





2012/02/24

フォトライブラリーから新宿御苑の写真が削除

フォトライブラリーで新宿御苑の写真が最近掲載不可になったようです。

Autumn, Japan

新宿御苑内は商用撮影が禁止もしくは申請にて許可する形なのでしょう。

3枚ほど販売中の写真がありましたが、プロパティリリースがないため掲載不可に変わってました。

せめて連絡くらいくれれば良いのに、不親切ですね。


2012/02/19

ベトナム世界遺産旅行最終日 ハノイ市内観光

ベトナム世界遺産旅行もついに最終日、短かったような長かったような。この日はハノイ観光を少々です。

フエからの寝台バスでハノイ7時半到着、寝台バスは狭い割りに良く寝れました。バスは運行会社のフンタイン社のハノイ事務所前に到着。スタッフに聞いたら10kmほどホアンキエム湖の南のようです。スーツケースを預かってもらいまずは朝食へ。

朝食

事務所の近くで朝食にブンを頂く。お味はまあまあ。

カフェ

戻りのバンコクへのフライトは20時、それまでどうするか?しばしカフェで作戦検討。大きなスーツケースの扱いが課題です。

ハノイで最初に泊まったホリデイゴールドホテルに荷物を預けて市内観光する作戦にしました。

まずはセオムでホリディゴールドまで移動、スーツケースはホテルで快く預かってくれました。

ホアンキエム湖

ホリディゴールドから徒歩でホアンキエム湖へ。この日もどんよりした天気できれいな写真が撮れません。

玉山祠

ホアンキエム湖のゴックソン島にある玉山祠へ。

戦没者記念像

玉山祠のそばにある戦没者記念像。

ベトナムの英雄レ・ロイこと黎利(れいり)の銅像

リータイトー公園の中のリー・タイトー(黎利)像

ホアンキエム湖畔

ホアンキエム湖の湖畔にきれな花が咲いてました。

ハノイのオペラ座こと市劇場

ホアンキエム湖からちょっと歩いてオペラ座(ハノイ市劇場)へ。

コム・ビンザン

ベトナム航空オフィス隣の食堂街で昼食にコム・ビンザンを頂きました。おかず選びすぎて5万ドンも取られました。

ホアロー収容所

昼食後ホアロー収容所へ。こんなもんですかね…、わざわざ見に来るほどのものではないと思います。この近くは片言の日本語で話しかけてくる怪しい輩が多かった。

ハノイタワーズ

ホアロー収容所のすぐ隣に建つハノイタワーズ。

ハイランズカフェ

ハノイタワーズの中にあるハイランズカフェでリッチなコーヒーを頂きました。

ハノイ大教会(セント・ジョセフ教会)

ホリデイゴールドに戻る途中でハノイ大教会を撮影。

ホテルで預けたスーツケースを受け取り、セオムでベトナム航空オフィス前のノイバイ空港行きのミニバス乗り場へ。

ハノイ・ノイバイ空港行きのミニバス

ノイバイ空港行きのミニバスは2ドル、しっかりスーツケース分も2ドル取られました。ドンなら2.5万ドンのようです。満席になってようやく発車。車内はめちゃ狭。タクシー5ドルにしとけば良かったと少し後悔。

ノイバイ空港のカフェ

50分でミニバスはノイバイ空港に到着も、チェックインカウンターが開くのはフライトの2時間半前からとのこと。ラウンジでゆっくり休む作戦が失敗に。仕方がないので空港4階のカフェで一休み。

ノイバイ空港のチェックインカウンター

SFC修行の甲斐あってゲットしたスタアラゴールド資格ということで優先カウンターで待たずにチェックイン。出国審査も待ちなし。セキュリティチェックも待ちなし。超スムーズな出国手続きです。シンガポールのチャンギ空港以上のスムーズさですって、ただ空いてただけだと思いますが(笑)

ビジネスクラス・ラウンジ

搭乗まで「ビジネスクラス・ラウンジ」でのんびり。これもSFC修行のお陰です。

フライトも順調で無事バンコクまで戻ってきました。因みにバンコクの入国審査、バッゲージクレームも超スムーズでした。



ベトナム世界遺産旅行十三日目 世界遺産「フエの建造物群」

ベトナム世界遺産旅行十三日目、この日は今回の旅行最後の世界遺産「フエの建造物群」に行きました。

ホテル近くの屋台

宿泊したビンジュオン1は朝食が付いていないので、ホテル近くの屋台で朝食。

朝食

ベトナムの定番ぽい麺。お味はまあまあ、7千ドン。

豆乳

麺屋の隣で豆乳、3千ドン。砂糖を入れて飲みます。

シンツーリストのツアーバス

郊外の皇帝の霊廟を見たかったのでシンツーリストのツアーに参加。席は8割ほど埋まってました。日本人はいなかったです。

ミンマン帝廟の正門

まずはミンマン帝廟へ。かなり広い霊廟です。この正門はミンマン帝の葬儀に1度使われたきり締め切りだそうです。

崇恩殿

ミンマン帝の位牌が安置されている崇恩殿。

カイディン帝廟

ミンマン帝廟の次はカイディン帝廟へ。かなり規模の小さな霊廟。ヨーロッパや中国、日本など色々な国の建築様式を取り入れていて造られてます。

カイディン帝の金箔の銅像



マーシャルアーツ

ベトナム伝統芸能らしい武術(マーシャルアーツ)鑑賞。ツアー代と別に入場料4万ドン必要だけど…。あまり面白くない。お金払ってみるようなものじゃないと思う。

トゥドゥック帝廟

ミンマン帝廟同様規模が大きい霊廟。



シンツーリスト(旧シンカフェ)のツアーバス

シンツーリストのツアーは大型バスを使用。他の会社のツアーは皆狭そうなミニバスでした。

実演販売の土産物屋

昼食前に実演販売の土産物屋に寄りました。

レストラン「タンロン」

昼食は市内に戻りレストラン「タンロン」というところで頂きました。

昼食ビュッフェ

品数はそこそこあり、お味もまあまあ。

阮朝王宮の広徳門

昼食後、阮朝王宮へ。昨夜ライトアップを見に来た広徳門。

フラッグタワー

昨夜は暗くて良く見えなかったですが、午門の前にフラッグタワーがあります。

阮朝王宮の午門

午門でチケットを買います。

王宮奥の広場

王宮は想像以上に広いです。王宮の奥は建物が復元されてなくて広場のようになってます。

ティエンムー寺

王宮の後、トゥニャン(慈悲)塔が有名なティエンムー寺へ。

ボート

ティエンムー寺からはフォーン川をボートで新市街へ帰りました。

この後ホテルに戻り預けた荷物を持ってハノイ行き寝台バスの乗り場へ。バス乗り場はチャンティエン橋の旧市街側のたもとです。

夕食

寝台バス乗り場のあるショッピングセンターにロッテリアがあったので、早めに夕食を頂きました。これが結構美味しかったです。

ハノイ行き寝台バス

この日乗車ハノイ行き寝台バス。外観はそこそこきれい。

寝台バスのベッド

寝台バスの車内の様子。ベッドはめちゃ狭で足は伸ばせないです。各ベッドに毛布一枚付いてます。一応トイレ付いてますが汚いです。シンツーリストのバスに乗りたかった。

出発後3時間ほど走った後ドンホイの近くで1度だけ食事休憩がありました。

車内は狭いですがぐっすり寝れました。ハノイまで13時間のバスの旅です。