このブログを検索

カスタム検索

2011/06/03

CA中国国際航空 成田-北京便ビジネスクラス

昨夜はCA中国国際航空(エアチャイナ)の北京経由便のビジネスクラスでバンコクに来ました。

<機材>

成田-北京便の機材はナローボディーのボーイング737-800


ビジネスクラスは2列のみ8席の配置

シートピッチは最近のビジネスクラスにしては狭めの40インチ、ANA国内線プレミアシートより大分狭いです。90年代に乗っていたアメリカン航空のビジネスクラスを思い出しました。リクライニング角度もすごく浅いです。それでも前回のANA新造機767のエコノミークラスより大分楽でした。パーソナルTVは付いていなかったです。


<機内食>

離陸前にはお約束のシャンパンのサービスがありましたが、気の抜けてるシャンパンで美味しくなかった。

離陸後、機内食のサービスが始まりました。

ビジネスクラスだとフランスの村名AOCワインくらい飲めるかと思ってましたが、リストにあった赤は平AOC、白はヴァンドペイでした。どうせならAOCワインかなと思い赤ワインをお願いしました。

シャトー ムベール 2007 AOCプルミエール・コート・ド・ボルドー(フランス)

ボトルで1000円前後の赤ワインです。写真の様に深いルビー色、ラズベリーとマッシュルームの軽い香り。口あたりは柔らかく、なめらかなタンニンがあります。値段なりの味わいのワインですが、ビジネスクラスで出されるとかなりがっかりしますね。

前菜(ローストダック、生ハム、サラダ+ゴマドレッシング)

ローストダックは身もやわらかく繊細な味付けでかなり美味しいです。生ハムは塩がきついのでメロンと一緒に出してほしいですね。サラダに世界的に一般的ではなさそうなゴマドレッシングが出てきたのにはちょっとびっくり。日本発便だからでしょうか。

ポークヌードル

初めて食べる麺料理です。左に添えてあるポークはオイスターソース?で味付けしてあります。右は茹麺です。麺の色が白いので味なしと思いきや、味付けがしっかりしてあり麺だけで食べられます。美味しいです。

フルーツ盛合わせ

フルーツも良いですが、デザートにはケーキ類が欲しいですね。日本産でしょうかメロンが美味しかったです。

さすが中国の航空会社、烏龍茶、ジャスミン茶を始めお茶の種類が豊富でした。プーアル茶を頂きました。

普洱茶(プーアル茶)

"Wu Qiying"ブランドの熟茶のプーアル茶。かび臭い香りがたまりませんね。


ANAやTGよりも大分格安なCA中国国際航空のビジネスクラスですが、やはり値段なりといったところでしょうか。この次に乗る北京-バンコク便にも乞うご期待。








0 件のコメント:

コメントを投稿