このブログを検索

カスタム検索

2011/05/18

ソーラーエアー ドンムアン-チュンポン便

バンコクからタオ島への一般的な行き方は

1)空路+フェリー(サムイ経由)
2)陸路+フェリー(チュンポン経由)

上の行き方にプラスして、2011年2月からソーラーエアーがバンコク-チュンポン便を就航させたので、チュンポン経由も空路で行けることになりました。

今回はこのソーラーエアーの新規路線のバンコク-チュンポン便を利用してタオ島に行きました。この路線はバンコク在住者にも、まだそんなに利用されてないんじゃないかな。

チケットはソーラーエアー(Solar Air)のサイトで予約しました。バンコク-チュンポンの空路だけでなく、チュンポン-タオ島のロンプラヤーの高速フェリーも込みのジョイントチケットも予約できるので便利です。

バンコクからタオ島までの飛行機、車、フェリーがすべて込みで片道2900バーツでした。

バンコクはドンムアン空港から出発です。

小さい飛行機なので、チェックインカウンターにはスタッフ2人しかいませんでした。しかも素人っぽい対応。

ドルニエ DO 228

この日乗ったのは双発ターボプロップ機のドルニエ DO 228です。

ドルニエ DO 228の機内

天井が低いですが、座り心地はまあまあです。この日は乗客は3人だけでした。

ソーラーエアーの機内サービス

ジュースとパンの機内サービスもありました。

ソーラーエアーのフライトアテンダント

小さな飛行機ですが、こんなかわいいフライトアテンダントがお世話してくれます。

チュンポン空港

サムイ空港に比べると立派な作り。ソーサーエアー以外には利用されてない様子。

リンプラヤーの送迎

空港からはロンプラヤーの送迎車に乗り換えて、チュンポンの桟橋に向かいます。チュンポン空港から1時間程のドライブでした。

チュンポンからはロンプラヤーの高速カタマランフェリーでタオ島に向かいます。

ロンプラヤーフェリーの一般客室

平日だったせいか、フェリーも空いてました。

エグゼクティブクラスの客室

2階にはエグゼクティブクラス(プラス100バーツ)があります。座り心地の良さそうな椅子です。

ファーストクラスの客室

エグゼクティブクラスの更に奥にはファーストクラス(プラス200バーツ)がありました。


ドンムアン空港出発が45分程遅延があり、チュンポン空港には45分遅れの11:45に到着。チュンポンの桟橋には13時ちょっと前に到着。フェリーは13:30出航、タオ島到着は15時くらいでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿