このブログを検索

カスタム検索

2011/05/24

ANA全日空 バンコク-羽田便エコノミークラス

バンコクからはANA全日空の羽田着のNH174便エコノミークラスで帰ってきました。

深夜発(22:25発)の便のため、出発後の機内食のサービスはなかったです。

飲み物のサービスとポテトチップとミネラルウォーターが入ったバックが配られました。

寝酒に白ワインを頂きました。

ドメーヌ・ラ・ボーム ヴァン・ド・ペイ・ドック シャルドネ 2009

金属製キャップのペットボトルでした。酸のフレッシュさとふくらみのバランスとれた味わいです。何かフランスワインというよりはオーストラリアなどのニューワールドワインに近い感じがしました。
ドメーヌ・ラ・ボームは数々のコンクールで受賞している低価格ワインの優良な生産者のようです。

到着前に朝食のサービスがありました。

到着前の朝食


オレンジジュース
パセリ風味のオムレツ ラタトゥイユ添え
フレッシュフルーツ
モーニングロール+バター

オムレツが微妙に美味しくないです。前回乗ったUAユナイテッドのエコノミーで頂いたオムレツの方が遥かに美味しいです。残念な機内食です。

搭乗のNH174便は新造機ボーイングB767-300ER型機でした。新造機ということで期待していたのですが、機内食同様座り心地も残念な機材でした。

”後部座席を気にせずリクライニングできるFixed Back Shellスタイルを採用”なのですが、要は後ろにシートの背もたれが倒れない分、座る部分が前にスライドして足元が異常に狭くなります。とてもじゃないけどこの足元の広さでは寝てられないですね。

シート以外の設備は良いのですが、肝心のシートがこれでは搭乗する気がしません。

次回からビジネスクラスの利用を考えようと思ってます。


0 件のコメント:

コメントを投稿