このブログを検索

カスタム検索

2011/05/31

明日からバンコク・北京に行ってきます

明日からバンコク、北京に行ってきます。

初めての北京&CA中国国際航空楽しみです。

でも実はまだ北京のホテルが取れてなかったりするんですよね。

Jinjiang Innクラスのビジネスホテルの予定なんですが、場所が中々決まらなくて…。



2011/05/30

ダイナースクラブカードでグッチカフェに行ってきました

昨夜の後輩との待ち合わせでグッチ銀座の4階にある、日本で唯一のグッチカフェを初めて利用しました。


実はここは期間限定ですが、ダイナースクラブ会員にウエルカムドリンクの無料サービスがあるのです。

しかも同伴者1名まで無料。使わなきゃ損損ということで行ってきました。

グッチ銀座の店内を入って一番奥のエレベータもしくは階段で4階にあがります。エレベータ待ちの時店員に「どちらのご利用ですか?」と聞かれました。店内迷う客が多いのかな?

4時過ぎの入店、店内結構空いてましたね。それにもかかわらず席を案内されるまで10分位ウェイティングでした。(ちょっと不思議)

店内はもの凄く落ち着いた雰囲気です。店員もアルバイトなんだろうけど、親切な接客で好感が持てます。

通常のメニューとダイナースクラブ専用の無料ドリンクのメニューも持ってきてくれます。無料ドリンクはグラススプマンテ(スパークリングワイン)、コーヒー類(カプチーノなど)、紅茶各種、サンペリグリノ、コーラ、オレンジジュースなど。無料メニューにスプマンテが入っているのがうれしいですね。

ここが無料で使えるのはダイナースクラブだけ。うれしいサービスですが、期間限定12月31日までなのがちょっと残念です。来年も継続もしくはミキモトラウンジ追加などサービス向上してほしいですね。



2011/05/29

モナリザ 恵比寿店

今日は会社の後輩と銀座で待ち合わせて会食。

久々に美味しいものが食べたいということで、

フレンチレストラン「モナリザ 恵比寿店」に行ってきました。

ここはかの「ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉〈2011〉」で一つ星を獲得しているフレンチの名店。


ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉〈2011〉


今日が1年ぶり2回目の訪問でした。

6時半頃入店でしたが、7割方席が埋まってましたね。さすが人気のレストランです。

4つ用意してあるコースメニューからメニューBを選択。

アミューズ・ブーシュ
ホワイトアスパラガスのブラマンジェ オレンジ添え
桜海老と新じゃがいものガレット 春キャベツ添え アメリケーヌ・ソース
イトヨリ鯛のポワレ バジリコ風味 バリグール仕立て
宮崎県産地頭鳥のフォワグラ詰めロースト モリーユ茸風味
フルーツのスープ仕立て(マンゴー)
フルーツのコンポート ソルべ添え
コーヒー

あまりフランス料理は頂かないのですが、ここの料理は食材もソースも和のテイストを取り入れているようであっさりなので、濃厚クリーミーソースが苦手な人でも大丈夫。

宮崎県産地頭鳥のフォワグラ詰めロースト モリーユ茸風味

多分初めて宮崎県産地頭鳥(じとっこ)食べたんじゃないかな。地頭鳥(じとっこ)美味しいですね。身がしまっているのにやわらかく味の濃い地鶏です。

オージービーフ フォアグラ添え

連れが食べたメインの肉料理です。フィレ肉だと思いますが、凄く肉が柔らかくあっさりしていて美味しいです。

フルーツのコンポート レモンソルべ添え

初夏にふさわしいあっさりさわやかなデザート。

デザート盛り合わせ

連れが食べたデザート盛り合わせ。クリームブリュレがめちゃうま。


ここは1万円以下で食べられるコースもあって非常にリーズナブル。おすすめします。


2011/05/28

北京の準備2

初めての北京は世界遺産制覇を最優先に観光しようと思ってます。



北京・天津〈2010~2011年版〉 (地球の歩き方)で調べたところ、北京及びその近郊で今回訪問できそうな世界遺産は7つありました。

<市内>
故宮(北京と瀋陽の明・清王朝皇宮)
天壇
頤和園
<北京郊外>
八達嶺長城など(万里の長城)
明十三陵、清東陵、清西陵(明・清王朝の皇帝墓群)
周口店の北京原人遺跡
<北京近郊>
承徳避暑山荘と外八廟

どれも規模が大きい世界遺産で、複数箇所にまたがるものがあったりして、ゆっくり見てたら1日では見て回れない規模のものばかりです。この中で承徳にある避暑山荘と外八廟が一番遠くて、車で片道4時間ほど。折角なので承徳まで足を伸ばそうとは思ってますが、どうなることやら。

時間があれば、夜は京劇や雑技(サーカス)なども観賞したいですね。

2011/05/26

北京の準備

急遽、航空券の都合で北京に行くことになったのだけれど、

中国は実に20年ぶりの再訪。

前回は昆明、石林、大理、上海、香港を3週間かけて巡りました。

我が家にある中国のガイドブックは1987年度版、北京訪問の準備は参考資料集めからスタート。

この4冊を準備しました。



まずは北京・天津〈2010~2011年版〉 (地球の歩き方)るるぶ北京 (るるぶ情報版海外)を斜め読みして北京の概要を勉強です。



2011/05/25

CA中国国際航空の激安ビジネスクラスに挑戦

今回のANAの新造機ボーイング767のエコノミークラスの狭さに懲りたので、次回6月のバンコクへのフライトはビジネスクラスを検討。

見っけました。スターアライアンスで込み込み11万円台の激安ビジネスクラス。

激安ビジネスはCA中国国際航空(エアチャイナ)の北京経由便です。(スカイゲート

ちなみに同じ日程(6月東京-バンコク)で他社のビジネスクラスの値段は…

128,590円 SQシンガポール航空(HIS)*エコノミー
136,490円 UAユナイテッド航空(スカイゲート
152,210円 TGタイ国際航空(HIS
198,490円 ANA「ビジ割」
261,240円 SQシンガポール航空(HIS

CAビジネスは経由便とはいえSQエコノミーより安いという、画期的なビジネスクラスです。

CAはスタアラ加盟でANAマイレージクラブへのマイル積算が可能、しかも値段は安いのにビジネスクラスなのでANAマイレージの積算比率は125%です。手元の計算でプレミアムポイントは往復で10000ポイントとヨーロッパ往復エコノミー並です。これでまた一歩、プラチナサービスに前進出来そうです。

経由する北京首都国際空港は初めてなので、ラウンジ利用も楽しみです。CAのビジネスクラスラウンジとプライオリティ・パスで使えるラウンジのハシゴかな。スタアラのビジネスクラス利用なので、成田はANAラウンジかUAレッドカーペットクラブ、スワンナプームはTGロイヤルシルクが使えるのもうれしいです。(注 スワンナプームではCAの割引運賃利用の場合TGのラウンジが使えなかったです。代わりにCIPファーストクラスラウンジを案内されました。)どこも行ったことのないラウンジばかりで本当に楽しみです。

早速予約しました。北京でのストップオーバー(滞在)も可能とのことで、北京での休暇も楽しむ予定にしました。北京近郊には世界遺産が5つもあります。いいこと尽くめのフライトになりそうです。北京のホテルも探さないと。


11万円台のバンコク往復ビジネスはこちらから確認できます。

2011/05/24

ANA全日空 バンコク-羽田便エコノミークラス

バンコクからはANA全日空の羽田着のNH174便エコノミークラスで帰ってきました。

深夜発(22:25発)の便のため、出発後の機内食のサービスはなかったです。

飲み物のサービスとポテトチップとミネラルウォーターが入ったバックが配られました。

寝酒に白ワインを頂きました。

ドメーヌ・ラ・ボーム ヴァン・ド・ペイ・ドック シャルドネ 2009

金属製キャップのペットボトルでした。酸のフレッシュさとふくらみのバランスとれた味わいです。何かフランスワインというよりはオーストラリアなどのニューワールドワインに近い感じがしました。
ドメーヌ・ラ・ボームは数々のコンクールで受賞している低価格ワインの優良な生産者のようです。

到着前に朝食のサービスがありました。

到着前の朝食


オレンジジュース
パセリ風味のオムレツ ラタトゥイユ添え
フレッシュフルーツ
モーニングロール+バター

オムレツが微妙に美味しくないです。前回乗ったUAユナイテッドのエコノミーで頂いたオムレツの方が遥かに美味しいです。残念な機内食です。

搭乗のNH174便は新造機ボーイングB767-300ER型機でした。新造機ということで期待していたのですが、機内食同様座り心地も残念な機材でした。

”後部座席を気にせずリクライニングできるFixed Back Shellスタイルを採用”なのですが、要は後ろにシートの背もたれが倒れない分、座る部分が前にスライドして足元が異常に狭くなります。とてもじゃないけどこの足元の広さでは寝てられないですね。

シート以外の設備は良いのですが、肝心のシートがこれでは搭乗する気がしません。

次回からビジネスクラスの利用を考えようと思ってます。


プライオリティパスでスワンナプーム空港の「ルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジ(コンコースG)」に行ってきました

昨日タイ バンコクより帰国しました。

ということでバンコク スワンナプーム空港のラウンジに寄ってきました。

スワンナンプーム空港プライオリティ・パスを使って入れる空港ラウンジは

ルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジが3ケ所ありましたが、

2ケ月前にもう1ケ所新設されて4ケ所になっていました。

今回は搭乗ゲートよりちょっと遠かったのですが、新設のラウンジに行ってきました。

ルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジ(コンコースG)
LOUIS' TAVERN CIP FIRST CLASS LOUNGE (Concourse G)

以前からあったルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジ(コンコースG)とは別に搭乗ゲート近くに新しく新設されたラウンジです。


新しいルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジ(コンコースG)は2階建でした。


ガラス張りなので搭乗ゲートから丸見え。高級感ありますね~。

3階搭乗ゲート側エントランス

搭乗ゲートG2の目の前にあるので、コンコースG利用だと近くて便利です。

ラウンジ受付

広々とした受付。他の3つのルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジとは別物みたいです。

3階ラウンジの様子

明るくてきれいですね。ソファーや椅子も他のルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジとは違うものを使ってます。

3階フードコーナー

食事やドリンクの内容は他のルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジと同じ様です。


ラウンジ内にパターやチッピングで遊べるスペースもあります。すごいラウンジです。

3階と4階を繋ぐエスカレータ

3階と4階はエスカレータで移動できます。中にエレベータが設置されているラウンジはお初です。

インターネットコーナー

3階、4階ともに4台づつ設置されてます。マウスとインターネット接続用ID/パスワードは受付でもらいます。ちなみにラウンジ内はwifi利用できます。

4階ラウンジの様子

上の階も内装が高級感がありきれい。眺めもいいです。

4階エントランス

4階にもエントランスがあります。将来的には3階と4階は別のラウンジになるのかも??

喫煙コーナー

めずらしい喫煙コーナーもあります。

シャワールーム

特筆すべきはシャワールームの設置。4階に2つありました。エアライン系でない独立系空港ラウンジで無料のシャワールームはめずらしいし、うれしいですね。


早速使わせてもらいました。タオルは大小1枚ずつ用意されてます。お湯の出は普通。水はけもまあ普通。新しいシャワールームはきれいで気持ちいいですね。

4階フードコーナー

フードメニューにスープとフライドライス(タイ風チャーハン)、カップ麺が追加されてます。この追加もうれしいですね。

夕食

この日のフライトは夜発のANA便で、出発後の食事サービスがないので、ラウンジで食事をしっかり頂きました。

いや~本当にすごいラウンジです。きれいで設備が整ってしかも24時間オープン。これがプライオリティ・パスで使えるのはうれしいですね。スワンナプーム空港で一押しのラウンジです。ちなみにダイナースクラブカードでもここのラウンジは使えるようでした。



便利でお得なプライオリティパス

を無料で手に入れるには

楽天プレミアムカードがお得です。

世界600ヵ所以上の空港VIPラウンジへの利用が可能なプライオリティパスなら楽天プレミアムカードがお得。年会費10500円で、年会費: 399米ドルのプライオリティパスがもらえます。



2011/05/22

タオ島 サンスマイル 宿泊記

タオ島旅行ではサイリービーチにある「サンスマイル」に宿泊しました。

海外ホテル予約サイトのエクスペディア海外旅行予約サイト「トルノス」では予約できないようなので、宿泊手配はダイビングで利用したビッグブルーでお願いしました。

3階建て全15室の小さなホテルで、エアコン付きの部屋が1泊1500バーツでした。


そこそこ広くて清潔なお部屋です。ベッドが広いですね。床はタイルで冷たくて気持ちが良いです。


部屋にはTV、冷蔵庫、ソファ、三角クッションなどがあります。TVはNHKワールドが見られました。ミネラルウォーターは1日1本無料で提供されます。


ベランダも付いています。外に水着とかが干せます。


トイレとシャワーはエコノミークラスのホテルに多いタイ式で、仕切りがないタイプです。シャワーを浴びた後はトイレもびしゃびしゃになります。お湯の出は問題なかったです。

1階のフロントにインターネット用のPCが4台置いてあり、宿泊者には無料で使わせてくれました。

値段なりの良いホテルですが、ダイビングメインの滞在で寝るだけの部屋には1500バーツは値段的に少し高いですね。次回は1000バーツほどの宿にしようかな。